• HB Wallet Team

DeFi(分散型金融)とは?実例や対応ウォレットなどを紹介!

Updated: Oct 15, 2019

最近、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン関係でよく聞くようになったキーワード「DeFi」。


いったいどのような概念なのかと気になっていますね?


この記事では、DeFiの概要を説明し、実際にどのようなプロダクトがDeFiとして動いているかのかも解説します。


ぜひ参考にしてください.


1. DeFi(分散型金融)とは?


DeFiとは、Decentralized Financeの略称で、分散型金融と言われるのが一般的です。


DeFiには明確な定義はなくあくまで概念です。


イメージとしては、中央集権管理者を必要としない分散型ネットワークであり自律的に機能し、誰でもアクセスができ、かつ透明性高い金融システムです。


現在の暗号資産とDeFi


広い認知を得た暗号資産ですが、まだ懸念点があります。


暗号資産のプロトコルは分散型のコンセンサスアルゴリズムに基づいているのに、実際の交換の場は中央集権あることがほとんどです。


なので、ブロックチェーン技術が金融をオープンなものにしたとは言えません。


そこで、期待されているのが、DeFiという全く新しい概念です。


ブロックチェーン上にデプロイされた自律的なものであり、誰でもアクセスができ、かつ透明性高い金融システム。


分散型ネットワークに最も適した金融こそDeFiなのではと考えます。



2. DeFi(分散型金融)の実例


DeFiは分散型の金融全般をさしますが、カテゴリを複数に分けることができます。


ここでは、そのうち代表的なものをピックアップし紹介します。


  1. ウォレット

  2. Payments(決済通貨)

  3. DEX(分散型取引所)

  4. StableCoins(ステーブルコイン)

  5. Decentralized Lending

  6. NFTマーケットプレイス

  7. 予測市場(Prediction Market)


ちなみに、日本においては、DeFiと聞くとDecentralized Lendingを主軸に語られるケースが多いですが、「金融」という言葉が示す通り、正しくはより広義な意味合いになります。


(1)ウォレット


DeFiにアクセスするには、イーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットが必ず必要となります。


暗号資産ウォレットには主に、

  • ダウンロードして利用する「クライアント型ウォレット」

  • web拡張機能などを利用し使用する「webウォレット」

  • ハードウェアで管理する「ハードウェアウォレット」

  • 紙で管理する「ペーパーウォレット」

などがあります。


しかし、クライアント型ウォレットやwebウォレット以外は、web上のアプリケーションにアクセスしにくいので、DeFiとしては機能性に乏しいと言えます。


ウォレットの例としては、HB WalletやMetaMaskが挙げられます。


ウォレット例①:HB Wallet



HB Walletは、あらゆるイーサリアムトークンやDeFiをサポートかつ強固なセキュリティを誇るクライアント型ウォレットです。


対応OS:android、iOS、Windows、Mac。


ETH/ERC20/ERC223/ERC721の管理、送受信はもちろん、チャット機能を活用した送受信やHB DEX・NFT Marketplaceなど自社開発のDeFiを備えています。


ウォレット例②:MetaMask



ポピュラーなイーサリアムウォレットです。ブラウザの拡張機能により使用可能となるWebウォレットです。


ETH/ERC20/ERC223の送受信に対応。


多くのDappゲームなどで推奨されているウォレットです。



(2)Payments(決済通貨)


その名の通り、ブロックチェーン技術を決済でも使えるようにしようというものです。


主な例としては、OmiseGoが挙げられます。


決済通貨例:OmiseGo



OmiseGOトークンを活用し、企業や個人が、幅広い金融サービスを安全に提供およびアクセスし、いつでもどこでもデジタル資産を投資、交換、使用できるようにするプロジェクトです。



(3)DEX(分散型取引所)とは?


DEXはDecentralizedの略称で、日本語では分散型取引所と言われます。トークン同士を交換することができます。


しかし、トークンの交換は通常の仮想通貨取引所でも可能ですよね。


DEXのメリットはセキュリティレベルが非常に高いことです。


一般的な取引所では、ユーザーの秘密鍵を取引所自身が管理しますが、分散型の取引所では、秘密鍵を個人で管理します。


個人が秘密鍵を管理したまま、取引を行うので、取引所がハッキングされてもあなたの資産は盗まれません。そのため、非常にセキュアです。


加えて、スプレッドや売買手数料という概念すらない場合もあります。


ただし、取引のたびに、トランザクションフィーが必要である場合が多いの注意です。


ユーザーが各々の需要と供給によってトークンの交換を行います。



DEX例①:HB DEX



HB DEXは、HB Wallet Desktopから利用できる、高いセキュリティを誇る分散型取引所です。


ユーザーはウォレットで資産を安全に管理しながら、取引を行うことができます


スプレッドや売買手数料もありません



DEX例②:KyberSwap



KyberSwapは、チャート表示などがされる取引所とは違い、販売所形式の分散型取引所です。


基本的にユーザーに有利なように取引をしてくれますが、多少のスプレッドがある点に注意です。


また、交換の度にトランザクションフィーが必要です。


HB Walletモバイルで利用することができます。



(4)StableCoins(ステーブルコイン)


ステーブルコインとは、ある特定の指数に連動する暗号資産(仮想通貨)のことです。


例えば、ドルと同じ価格推移をする通貨などがあります。


取引所等で、価値交換の基軸としての役割を担ったりと便利ですが、ステーブルである以上、通貨の価値を担保する何かが必